Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

お仕事のお話



今回の掘削プロジェクトでは、大陸棚の堆積物の溜まり方から過去の気候変動、特に海水面の高さを明らかにしようという計画なのです。

私も掘削技術については詳しくないのですが、陸に近く泥より砂が多い堆積物って掘るのが結構難しいらしい。

砂浜の砂を思い浮かべて欲しい。
子供達が砂で創ったお城や山は、波が来るとあっという間に崩れ去ってしまう。

一方、茶碗や壺を造ったことのある方ならば、泥(粘土)というものが意外にしっかりと形を保つことをご存じだろう。粘土は細かい粒子でできており、さらに1つ1つの粒子は静電気を帯びていてくっつきやすいと言われる。

海底を掘り進めると、砂と泥は交互に現れる。そして、上のイメージで示したように砂は海水中で形を維持するのが難しい。

どうなるかと言えば、砂が崩れ結果的に掘削パイプを埋めてしまう(スタックする)。

これが、今回仕事が遅れた原因。そして、この海域は特に分厚い砂が堆積している。技術的に非常に困難な掘削となるのでこれまで敬遠されてきた。しかし、浅い海(アメリカ東海岸)というのは科学的には海水準変動を復元するのにとても適しているので、満を持して石油プラットフォームという最も進んだ道具をお借りしているという。

まあこんな感じ。

写真ですが、このプラットフォームに乗るにはこのように宙づりになる以外方法が無いんです。
ちなみに、この時は現地メディアの取材を受けているところでカメラマンがぶら下がっているんですけどね。でも科学者の一人がまんまと紛れて乗っております。。。。
スポンサーサイト

[タグ] 海洋 地質 科学
[ 2009/06/25 21:07 ] 自然科学な話題 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。