Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cretaceous Park - 身近な白亜紀の世界

Rudists1

とある場所の建材。

500円玉と一緒に写っているのは、白亜紀に繁栄した貝の仲間。

実はここは「さわやかちば県民プラザ」の一角。キャンパスの目の前に広がる白亜紀の世界。

Rusists5

最初に紹介した写真は、厚歯二枚貝(Rudists)という種類の貝化石です。どんなヤツかよく分からないと思うので、図鑑のコピーと並べてみました。こいつらはジュラ紀~白亜紀にかけて見られる種で、写真のは白亜紀後期の種ではないかと、一緒に行ったポスドクが教えてくれた。

Rudists2

上のアンモナイトみたいなのじゃありません。下にうじゃうじゃしている、牛の角みたいな貝です。床一面…こいつ等です。ここの床に使われている建材は、この貝が作り上げた石灰岩なのです。

現在の世界で石灰岩を作ることで有名な生き物はサンゴ。いわゆる珊瑚礁はサンゴの死骸が積み重なってできた海の台地。長い年月をかけて成長し、石灰岩台地になる。

それが、白亜紀の世界ではこの厚歯二枚貝も石灰岩台地(礁)を形成する主要な種の1つだったようです。


壁を見ると…有孔虫ってムシの化石で埋め尽くされている。というか石自体が化石でできている。最初の貝とはまた全然違う生き物だが、石灰質の殻を作るって意味では共通点がある。よく分からん…という人のために「それっぽい」ものに矢印をつけてみた。クリックで拡大するよ。

有孔虫_arrow_R


このピロティは床も壁も上等な石灰岩…白亜紀に囲まれています。いや、壁の時代は分かりませんが。
人も少ないし、椅子もパラソルもあるし…何だかお気に入りスペースになりそうですねー。
スポンサーサイト

[タグ] 地質
[ 2010/06/23 23:47 ] 自然科学な話題 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。