Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大槌に行ってきたこと

さる五月の2週目、とあるボランティアで大槌入りした。

詳細は以下
kawagucci's Weblog

【現地のこと】

一度しか訪れたこと無い、でもやっぱり一晩でも過ごした地に降りかかった災害に言葉も出ず。
IMG_3113_R.jpg
T大・大気海洋研沿岸センターの状況(5/14)

現地入りの直前まではのどかな田舎の風景だったので、本当にここが?と思ってしまうくらいだった。
しかし、状況はあるラインを越えると一変。なにもない。。。。

「これは来てみたものの俺たちにできる事はあるのか??」という考えで頭がいっぱいになった。
その場にいた先輩達も、ただコトバにならぬ声を漏らすのみ。打ちのめされた様子だった。

それでもセンターの寮母さん宅では暖かく迎えていただき、かえってこちらが元気を貰うという結果になった。
彼女等の会話には時折あの時の凄惨な光景がチラついていたけれども、とにかく今はこの現状をどうするかということで一生懸命のようで、悲しみに暮れている姿を我々に見せることはなかった。

子供達についても今はまだ良く分からない。けん玉を受け取って、少し笑顔を見せる子達にホッとしたのだけれど、きっとこれから成長していく過程で色々な影響が出てくるんだろう。良い点も悪い点も。

実際に家が壊れなくても、自分自身、阪神の記憶は鮮烈に焼き付いているし、きっとこの子達もそうなるだろうと思う。

支援というのはちょっと一方的な感じがするけれど、とにかく長期的に彼等とのコネクションみたいなものを作っていくことができたら良いのかなあ。
IMG_3155_R.jpg


【道中に思ったこと】

東北道を走りながらセンパイ達はずっと研究者としての道や行動、論文、みたいなキーワードの話をしていたので、自分の事もちょっと考えてしまった。

それはさておき、今回の地震の推定震源域は極めて広大であって、ちょっと地図を見ただけでは想像がうまくできていなかった。しかし、車に揺られながらふと思った。

「これ(柏-大槌)って震源域の南北ラインとほぼ同じスケールじゃないか」

地球科学をPC上でやっていると、ついついスケールの肌感覚が鈍る。高速道路で片道8-9時間かかる距離、このラインの太平洋はるか遠方が全部ズレたかもしれないわけだ。計算は重要だけど、こういう生の感覚を得るために、やはり外に出るべきだと痛感した。

そして車の中で皆が同意したのは、「行くしかない、行くだけで良い」ということ。これはボランティア云々の話ではない。「地球に、日本に住む人類として、見ておくべきだ」と理由無しに感じたのかもしれない(※迷惑になる時期はもちろん行っちゃダメだが)。

地球科学、土木工学で特に「防災」を研究に絡ませて予算を取ることが多いのであるが、「防災」をテーマに掲げる人は、どんな分野の災害をテーマにしていたとしても、今回の被害現場に行かなければニセモノのような気がする。

【ということで】
とりあえず最近Twitterに偏っているが、この時期に思ったことをまとめておく意味で記事に起こした。
スポンサーサイト

[タグ] ぼやき
[ 2011/05/29 00:01 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。