Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

上から目線?

話のついでに。

最近の嫦娥1号で舞い上がっている記事が連載されているが、そのうち現時点で上から2つを紹介。

旧ソ連最初の月探査:月をかすった探査機
嫦娥1号、月探査領域の2番手集団を先駆ける技術

ということで、なんだか鼻持ちならない書き方の記事である。

「中国が自信を示している」という捉え方をすれば、それまでの記事なのだが、日本国民としてのバイアスを強めにかけると以下のような読み方をするのではないだろうか?


「月をかすった…」ではソ連の失敗談を紹介。いや、科学史的には全くもって失敗ではなく立派な成果を上げているルナ計画の話なんだが。ようするに、中国は1発で成功させますと言いたい高慢きちな雰囲気を醸している。

タイトルだけではイマイチ伝わらないが、「…2番手集団を先駆ける…」においても、米ロが宇宙開発では一歩先を行っていると言いつつも多数の失敗を強調していて、なんだか小馬鹿にしている失敗無しで中国の技術が進んだとするなら、それは当に自らの技術ではないことを示すことになり逆効果に思える。

そしてお決まりの、EU・日本より進んでいると主張しているところ。有人飛行が根拠にされているが、科学的探査でも追いつき追い越したつもりか?強調するほどに進んでいると言えるのだろうか?

謙る必要も無いが、文の書き方が上から目線であるところが何よりも不快感を煽る。


という感じになろうかと思う。ま、相手方は「競争のつもりは無い」と言っているので友好的に宇宙探査が進めば良いと思う。
Tags: 
スポンサーサイト

[タグ] ぼやき
[ 2007/10/24 18:20 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。