Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気象庁とマスコミ

今日は千島列島で地震が起こり、津波警報が発令された(投稿時点では発令中)。

そこで、とりあえず斬る。(笑)

1つ目は、お決まりのマグニチュード問題。

今日も妙な放送が…NHKの番組中に津波警報に切り替わったまでは良いのだが。。

アメリカ地質調査所(USGS)によれば…マグニチュード7.8で…」
とアナウンサーが言いながら、テロップは「M8.1」の表示。

「M8.1」は気象庁マグニチュードだろう。
(気象庁マグニチュードはもともと世界で使われている表面波マグニチュード(Ms)や、モーメントマグニチュード(Mw)とのずれが問題になってきた。もちろん中身を分かっている人には問題ではないのかもしれないが、少なくともマスコミでの比較が不適切で混乱を招いている。
2003年に算出に用いる式を経験的に補正したようだが、今回の場合もやはり大きめに出ているようだ。)

マグニチュードを算出している式が違えば値も違うのだが、どうもマスコミの中での認識がきちんとなされていないようだ。(今回の場合だと 0.3 ずれているから、両者はエネルギーに換算して2倍近い差があるんだけれども)

だからといって気にする国民は大して多くないだろうが、なんだか聞いていて違和感バリバリなので何とかして欲しい。


2つ目もこれまたお決まりの対応の遅さ。

気象庁は恐らくマスコミの対応に追われていたのだろうが、津波警報の気象庁HPへの反映があまりに遅い。

地震の情報も然り。USGSのページではすぐに速報がでていた。
もしかするとUSGSは観測からWebまでがオートメーションになっているのかもしれない。だとすると誤報の場合も出てしまうから、それはそれで問題だ。その意味では気象庁の対応の遅さばかりを非難すべきではないかもしれない。

津波情報をインターネットで確認することが防災上重要な事なのかどうかは統計がないのでよく分からないけれど、少なくとも利用人口が多いのは事実だ。

今回は(今のところ)被害地震・津波ではなかったから良いけれど、まだまだ速報体制の不備が感じられる。
もちろん誤報は良くない、だがせめて津波の警告は早いめにしてほしいものだ。
スポンサーサイト

[タグ] 科学 ぼやき
[ 2006/11/15 21:13 ] 自然科学な話題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。