Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

[かいよう 航海日誌] 通電試験

今日はOBEMに対しての通電をするために、システム全体の試験が行われた。

通電のために、色々と配線をしなくてはならなかった。なんといっても船は大きいし、海に電流を流すには相当のパワーがいるので、装置も大がかりとなる。

通電の操作全般はブリッジ(艦橋)からコントロールする。大雑把に言えば下のような人員配置となっていた。

・ブリッジ: 指揮、通電操作、記録など
・ウインチ: 電極の操作
・甲板: 通電中の注意ランプの点灯など

これらの人々は互いに無線で連絡を取って作業を行う。


ウインチというのは、ワイヤーを巻いたドラム缶のような装置で、とても大きい。ワイヤーの長さは何種類かあるけれど、8000mとかそれくらいあったかな?深海でも使えるようになっている。
もちろん自重で切れないように丈夫で太い。

そして、ただのワイヤーではなくて、なんと中には電流を流すための電線や、通信のための光ファイバーなどが入っているというハイテクな代物。

ウインチは電線を巻いたコイルの状態になるので、電流を流すと熱が発生してしまう。そこで上から海水をかけて冷やす装置も付いています。

これを使って今回は電極の一方を海底付近まで降ろすのである。

通電試験も無事終わり、明日からは24時間体制での通電!

ここで24時間ワッチについて…
0-4(ゼロよん),4-8(よんぱー),8-0(ぱーゼロ)という3つの班が組まれる。8-0というのは、午前8時から12時まで、午後8時から0時までの間、通電を監視する班です。他も同様。

自分は8-0という、最も人間的生活のできるものにしてもらえた。ラッキ!
Tags:  
スポンサーサイト

[タグ] 海洋 科学
[ 2005/08/19 23:00 ] 自然科学な話題 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。