Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Zaskar 組み立て 2

ということで、さっそく Avalanche を分解にかかりました!

が…

下玉押しの取り外しに苦戦↓ 敢えなく敗退。


工具を手にしてから出直しじゃーー
(※マイナスドライバー法も試したが、経験浅く非力な私にはうまくできませんでした)

というか、この InSync Elixer 523 というサスペンション…新しいフレームより重い…気がする。コイルスプリングだろうし、良く分からないブランドだし、しゃ-ねーか。ネットで調べてもメーカーのページに行き着かないのは何故だろう。。。 フォークのコラムに刻印されていた”SPINNER”で検索したら出てきたよ、SPINNER INDUSTRY CO., Ltd.。今は InSync というブランド名を使っていないようだが 2002年から 2004年に発売された低価格帯バイクには割と使われていたみたいだ(GTの他には TREK, MARIN などが検索にひっかかる)。台湾のメーカーで設立は1984年ということだから比較的新興のメーカーなのかね。これまでOEMの製品を専門的に扱っていただけあって、フォーク単体のブランドで探しても見つからなかったのは頷ける。※気になるのは2000年に Raleigh(ラレー)からリコールが発表されていることだ。詳しいことは書いていないが、部品の一部が仕様と異なる旨が書いてある。安全に関わる問題だからリコールされているのだし、気にはなるね。当時の時点では品質管理がイマイチだったということかもしれないしね(参照:InSync forks product recall by Raleigh (Bike Biz))。
cyclingnews.comの記事によると 2006年くらいから本格的にフロントフォークのアフターマーケットに参入してきたそうだ。今は Aeris とかいうシリーズが売りらしく、徹底的に軽量化してあるらしい。重量的には 180mm トラベルの製品で1.2kg のものも出してきているとか(何で宣伝しているのか)。ただ、紹介されている製品は外部にアジャストメントが無くて調整はちょっと面倒だとか。価格は800ドルくらいと結構良い値段だし、それなら実績的に上の既存メーカーと差別化が難しいのではないかと思う。

とりあえず長年使ってみた感想だが、軽いダート走行くらいなら特に不満はないし、舗装路の長距離でも無いよりはマシだと思う。手のひらが痛くなるのくらいは防ぐという意味では。でもリジッドフォークの方が軽いし、体力的な節約の意味では無い方がマシかも。(元々街乗り8割のヘタレMTB乗りなので、インプレを書く立場には無いのだが。というかバイクを通勤通学と分けるほど金がない)。



Avalanche 2.0 Disc (2003) から分解した InSync Elixer 523。下玉押しの下部に隙間が無いため取り外しが難しい。
Tags: 
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/02/01 21:30 ] 自転車(GT) | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。