Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

犠牲の先にあるものは?

最近ニュースで取り沙汰されたビアンキ自転車の事故について、多くの人が責任の所在やメンテナンスの重要性について意見を発している。

このニュースを見るまで、有名メーカー製の自転車の製造・販売の仕組みを知らなかったのでとても勉強になった。まるで人ごとではない。

・ロゴが使われているメーカー=ビアンキ(イタリア)
・日本での輸入・販売=サイクルヨーロッパジャパン
・部品選定(製品のプロデュース的な立場)=アキボウ(日本)
・部品製造
---サスペンションフォーク(事故原因)=RST(台湾の大手)
---フレーム(デザイン、製造ともに?)=台湾メーカー?
---その他パーツはシマノやマヴィックなど数社の銘柄と推測…しかしこれも実際の製造はどこなのか疑問
・組立メーカー=台湾穂高

という感じでとても複雑。全体の安全管理を担当している者が誰なのか、明確にされていないという。争点になっているのは使用者も含めた責任の所在らしい。

このテーマに関しては、今後の裁判の行方を静観しようと思う。個人的な意見としては、ブランドが刻印されている以上、ビアンキは全ての製品に関してテストすべきだと思う。どの部品が使われていて、安全性がどの程度か把握もしていないというのは信じられないし、使用者に責任があるような言い方は最初からすべきではない。

部品の構造に関して言えば、サスペンションのブーツとインナーチューブがスプリングのみで結合されていたのは安全工学の視点で見れば論外と言われても仕方のない設計だと思う。錆びなくても、常に負荷がかかっているのだから金属疲労で折れる危険性があるのは明白。長いインナーチューブに加えてアウターからボルトが1本通っていれば…走行中に抜けるなんて…

このような粗悪品を世に出さないためにも、そして製品に見合わない使い方をしないためにも、訴訟で双方の意識が変わることを願う。


自分で自転車のメンテナンスをするようになって随分たつが、フロントフォークはまだ開けたことはない。けれどこの事例を知ってから心配になってきた。雨天走行は沢山しているので、少なからず水が侵入していると思う。開けてみるべきかも(自他は問わないが、ショップが無難だな)。

やはり車体の中で一番複雑な機構であることが、セルフメンテナンスの道を阻んでいる。しかしながら、高級なサスペンションはマニュアルが準備されているのに対して、廉価品にはそういったモノは用意されていないのが普通。従って、開けようにも構造も注意点もはっきり分からず躊躇してしまう。けれども、構造上も素材上も危ないのは廉価品の方なのだ。

今使っている自転車のうち、Zaskar に付けたマニトウのサスペンションはマニュアルもあるし、ショップに持ち込んで対価を払うに値する品だが、Avalanche に搭載した Spinnar のサスは安物だし…構造は外観からの判断ではボルトが入っている製品っぽいが…開けてみないと何とも言えない。ボルトだって錆びたら折れる。ブレーキローターのネジが折れたばかりじゃないか!(汗)

命に関わるだけに、コイルの錆びの程度などは把握しておくべきだと痛感。遠くない未来に点検をしようと思う。

リンク:報道の概要
痛いテレビ:名ばかりビアンキ
.
スポンサーサイト

[タグ] 自転車 ぼやき
[ 2010/04/10 21:28 ] 日記 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。