Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

文献管理に困っていませんか?

Mendeley という文献管理ツールをご存じでしょうか。

僕自身はごく最近知って、今ハマっています.
・論文管理
・複数の端末での同期
が行えます。Win Mac Linux 全てのクライアントが無料で用意されています。

Introduction

これまでは Endnote を使って文献情報を管理していましたが、PDFファイルの管理は別途手動でやっていました。

これまでだと

1. PDF / RIS情報をダウンロード
2. PDFリネーム
3. フォルダ格納
4. RISとPDFをEndnoteに登録

というフローになります。めんどいっす。

Endnote は PDF をリンクする機能があるのですが、フォルダ分けのルールを自分流にするやり方でうまく使いこなせんかったわけです。

結局…基本的には自分ルールのフォーマットでPDFをリネーム([著者]_[年]_[雑誌]_[タイトル一部 or 内容])して、トピックごとや雑誌別にフォルダ分けしていました。よく発表年ごとやアルファベットでフォルダ分けというテクが紹介されますが、自分は雑誌で覚えるクセがあるので雑誌別にするとアクセシビリティが高いんです。でもあるテーマに沿って論文を集めているときには、雑誌別のフォルダ分けは致命的に使いづらい。一時的にトピックのフォルダを立てるなど、論文管理は混迷を極めていました。


Solution

さて、Mendeley を導入してから PDF の管理は辞めました。フォルダ分けして管理する必要が無くなったからです。

管理者は、基本的に PDF を Mendeley にドロップするだけです。付加情報はMendeleyが管理してくれるので。もちろんリネームは自動です。今は一つのフォルダに全ての論文を入れていますが、著者、ジャーナル、発行年、タイトルの組み合わせでサブフォルダに分けることもできます。

操作感覚は iTunes にも近い感じ。PDF viewer の機能もあって、すぐに論文を開ける。しかも表示が Acrobat Reader よりも断然速い。自分でトピックごとのリストも作れるので、リファレンスの作成も容易です。

すでに PDF を数百個持っていても、
1. Drag&Drop するだけで PDF からある程度の情報を自動的に取得して整理する。
2. 論文のタイトルや DOI、PMID などの番号が取得できれば、ネット上のデータベースから Citation の情報を自動的に補間してくれる。

といったことが可能なので、素早く移行できます。もちろん Endnote で管理していたならば XML や RIS で読み込むこともできます。

PDFのみからの情報取得に関しては、論文のフォーマットによって成績が異なります。やってみた感じでは以下のような状態。

1. PDFネイティブな論文(新しい論文)の精度は良好
2. Elsevier などのメジャー誌はタイトルが取得できればネットからの補間率が極めて高い
3-1. スキャンされた(古い)論文も情報が取得される。メジャー誌だとネット補間が有効
3-2. 特に doi が印刷されているとベター
4. マイナーで古い論文は、手入力がある程度必要

300本ぐらいやってみたところ、20本くらいは手入力が発生しました。でもまあ、最初でこれくらいの労力なら、暇な日にやれば1日で導入できます。

クリップボード02

そして、これらのリストは全てネットを介して複数のパソコンで同期できるので、メインマシンとモバイルノートで同じリストが使えます。そして、Dropboxと組み合わせることで、全ての論文PDFにどこからでもアクセスできるという。めちゃ便利な使い方ができる。

他にもタグによる管理や、PDFへのメモ書き込み(PDFは変更されず、Mendeleyのデータベース上で管理される)など便利な機能がある。

活用編はまた次回!


最後に。今のところ見つかった不具合は…

・フォントが埋め込まれていない日本語論文で文字化けする場合アリ
→外部アプリでの閲覧機能があるので Acrobat で見れば良い。でも和文誌はほとんと読まないでしょう。

・2台以上で全てのPDFを同期するには容量が足りない(Freeでは500MB)。
→Dropboxを使う。ノウハウが必要。

・最初にきちんと環境構築しないと、同期によって予期せぬ結果を生む。
→これはソフトの問題というより、使い手の問題。PDFを両方の端末から無作為に放り込むと、面倒なことになる。メインのマシンを決めるべき。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/07/15 12:14 ] ソフトウェア&ハードウェア | TB(0) | CM(2)
私はスタンダードなEndNoteですね.
PDFで管理はせず,読み返したい時は新しくダウンロードします.
リンクが張ってあるのでそこまで面倒ではないですね.
[ 2010/09/15 00:29 ] [ 編集 ]
>ゆーいえ様
コメントありがとうございます。
実際、文献リストを作成する際の安定感はEndNoteに勝る物は無いと思います。
Mendeleyはベータ版ですし、今後どう推移していくかは分かりません。今はまだWordに排出するオプションを使わざるを得ませんし、論文の執筆には不安が残ります。

今回取り上げたわけは、学位を取って大学という環境から飛び出した際にフリーであることの利点を強調したかったこともあります。このままでは、しばらくは冷や飯生活でしょうし。
それから、今はゴージャスな大学ですが、値上がりする購読料のせいでPDFも取り放題では無くなる傾向にあるのでは?と心配し(とくに地方大に移ったりすると…)、個人的にはできるだけ手元に残しています。
[ 2010/09/17 17:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。