Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tips: 地図座標変換: PROJ.4の導入

ユニバーサル横メルカトル(UTM)図法のX-Y座標(m)を一般の緯度・経度に変換するために行ったことをメモしておく。

変換ツールは、世にいくつか出回っている。

GMT(Generic Mapping Tools)を用いた方法では、以下のように記述するのが最も簡単な方法だと思う。

mapproject [input.xy] -I -C -F -Ju[zone]/1:1 -R[region] -V > [output.latlon]


日本国内だと、[zone] = +53 or +54 で大体収まるのではないか。


今回は、GMTで変換した結果を検証するために別のツールを導入してみた。

PROJ.4 - Cartographic Projections Library
http://trac.osgeo.org/proj/

導入方法は
http://www.yaskey.cside.tv/mapserver/cygwin/#proj4 に比較的分かりやすく書いてある。

ソースコードを好きな場所にダウンロードし、展開する。

tar xvzf proj-4.x.x.tar.z


出来たディレクトリに移動して

./configure
make
make install


と打ち込めば完了する。Cygwinでは問題なくコンパイルできた。

上記のGMTと同様の動作は以下の記述で実現する。

invproj +proj=utm +ellps=WGS84 +datum=WGS84 +zone=+53 +units=m +no_defs -f "%4f" [input.xy] > [output.latlon]


楕円体の選択は多くの場合"WGS84"で問題ないと思う。古い測地系の場合は注意を要する。

他にも
USGS National Mapping Division General Cartographic Transformation Package (GCTP)
http://gcmd.nasa.gov/records/USGS-GCTP.html
も検討したが、こちらはこれを利用したソースコードを書くときに使う方が利用しやすく、インストールのハードルもやや高いので、今回はやめた。ダウンロードはここから -> ftp://edcftp.cr.usgs.gov/pub/software/gctpc/


Keywords:
三次元反射法地震探査
ホライゾンデータ
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2010/10/13 19:34 ] ソフトウェア&ハードウェア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。