Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Tips: MS Office 2007 SP3のアンインストール

MS Office 2007 の Service Pack 3 が自動更新で入ってきていたのでインストールしたところ、問題があったのでアンインストールした。問題はアンインストール手順の後に記述している。

念のため。
*************************************************************
[Let's note CF-W7]
OS: Windows XP SP3
MS Office Profesional 2007 (SP2) アカデミック、バンドル版
*************************************************************

「Office 2007 のSPはアンインストールできません」というのが当初の仕様だったようだが、アンインストーラが後に配布された模様。不具合がいろいろあったのだね。

Microsoft Service Pack Uninstall Tool for the 2007 Microsoft Office suite

からダウンロードして、解凍された実行ファイルをコマンドラインで使う。SP2 も SP3 もアンインストールできるらしいが、今回は SP3 のみに用いた。

ダウンロードするのは

office2007spuninstall.exe

のみ。これを実行すると、解凍先を聞かれるので、適当な場所に解凍する。
C:\MSO2007UNINST など、適当なサブフォルダが良いだろう(ルートディレクトリには解凍できない仕様、後で消すことを考えるならフォルダを新たに作成するのがよさそう)。

以下がコマンドラインでの手順例。


コマンドラインから該当ディレクトリに入る。ワタシの場合、D:\temp に展開したので
D:\>cd temp

解凍されたファイルは3つある。
D:\temp>dir
...
2008/11/19 03:50 14,070 eula.txt
2009/04/03 20:09 142,152 oarpman.exe
2009/02/11 00:14 4,783 readme.txt
...
ここから、
D:\temp>oarpman.exe
で使い方がでる。

今回はまずインストールされたサービスパック名を確認するため、以下のスイッチで実行した。
D:\temp>oarpman.exe /report
すると、インストール用のハッシュのような英数字の羅列が10行以上、出力される。
※英数字は実際と異なる。

Release Product Code Patch Code
O12SP3 {XXXXXXX-YYYY-ZZZZ-0000-123456789} {AAAAAAA-BBBB-CCC-DDD-98765XY}
....
O12SP3 {XXXXXXX-YYYY-ZZZZ-0000-123456789} {AAAAAAA-BBBB-CCC-DDD-98765XY}
O12SP3 {XXXXXXX-YYYY-ZZZZ-0000-123456789} {AAAAAAA-BBBB-CCC-DDD-98765XY}

Release Patch Count
O12SP3 12

Additional details logged when logging enabled.

このうち、Release の下に出力された O12SP3 がアンインストールに必要なリリース名となる。
(※2013/3/6 追記: リリース名のタイプミス修正)

実際のアンインストールは次のコマンドで実行される。

D:\temp>oarpman.exe /remove O12SP3

Product Code Patch Code
Result
....
O12SP3 {XXXXXXX-YYYY-ZZZZ-0000-123456789} {AAAAAAA-BBBB-CCC-DDD-98765XY}

Uninstall successful. Please reboot.


これで再起動をかけてからOfficeのアプリケーションを起動すると、バージョンがSP2まで下がっていた。

もともとインストールCDがSP2だったらしく、/report で調べたインストール済みパッケージはSP3のみが表示された。アップデートしたものだけがアンインストールの対象らしい。


【Office2007 SP3 を導入して生じた不具合】 (SP3 アンインストールで解決済)

・Open XML 形式(.docx 拡張子)で保存した一部のWordドキュメントを読み込むと、フリーズする。
(問題のファイルはどれも、SP2では問題なく編集していた。)

ファイル内容:英語の文章が母体で、校閲機能で編集履歴や日本語でのコメントが多数使われているが、図表類は無し。

付随する症状:Dropboxで同期していたのだが、読み込みに失敗したファイルは別のPCのWord 2010でも読み込み時にフリーズするようになった(Word 2007 SP3 で開く前なら大丈夫)。読み込み時に何かゴミを付けるか破損させてしまうらしい。

読み込みに失敗したファイルを回復する方法:
SP3をアンインストールすると良いのだが、次の方法でもできる場合がある。何をするにも、ファイルは先にコピーを作るべき。
==> Word 2007 SP3 以外の Word をセーフモードで起動(※1)すると読み込める場合があるので、別名保存してバックアップを作成する。OpenXMLだけでなく、Word 97-2003形式(.doc)でもファイルを作成しておくと安心。
(※1; あくまでOfficeの機能であり、OSのセーフモードではない)

いずれにせよ、他に同様の例は見かけなかったので、解決方法等もワタシ特有のものかもしれません。あしからず。



追加情報:
SP2についても同様にアンインストールできるが、問題が報告されているようだ。
Office 2007 SP2 はアンインストールできる、しかし元のファイルが復元されない場合がある: Hebikuzure's Tech Memo
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2012/09/06 11:25 ] ソフトウェア&ハードウェア | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。