Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Facebookのプロフィールをフランス国旗にすること

プロフの写真をトリコロールに変更した事で、間接的に多くの批判を頂いた。

丸腰の市民を狙った犯行への抗議、犠牲者への哀悼の意は変わらないはずだが、どこか僕の気持ちとは違った次元で論争が起きてしまったようだ。

世界を見よ

Facebook上で見かける批判記事の多くは[1][2][3]に示すようなブログをシェアしていて、要点は似ている。

パリだけではない。事件の背景にもっと目を向けるべきだし、世界の他の地域で起きている悲劇にも手を差し伸べるべきだ。写真変更は表面的で何も変えられないしカジュアルすぎる、自分の言葉や行動で示すべき。フランス国旗を掲げることはフランス側に立つことだからシリアへの空爆も支持していることになる。思慮に欠け、流されやすい人たちだ。

といったものだ。これらは[4]の記事の後に続く「なんでフランスだけ?」という一連の同調的な記事だ。海外でも[5]のような記事が同じような点を突いている。これらの記事は基本的に正論で、ぐうの音も出ない。もう少しプロフ写真から視点を外した書き方をしている[6]のような記事もあるのだが、FBでは批判的(やや攻撃的)な論調が目につきやすかった。

[1] FBプロフ写真のフランス国旗化に思う。テロは許されないけど空爆という名の無差別殺人を支持するんですか?
[2] FBプロフ「フランス国旗化」に対する強い違和感 (古谷経衡)
[3] 『Facebook』プロフィールをトリコロールにする前に考えたいこと (ふじいりょう)
[4] From Beirut, This Is Paris: In A World That Doesn’t Care About Arab Lives (Elie Fares)
[5] What is the point of changing your Facebook profile picture to a French flag? (CAMILLA HODGSON)
[6] ISを空爆するより、Facebookプロフをフランス国旗化するより、大事なこと―パリ同時多発テロ (志葉玲)

考えたこと

写真を変更したとき、人々は多様な意図を持っていたと思う。自分のフレンド(FB内の友達)の誰かを思い浮かべたり、単純にその瞬間の感情を表すためなど。ただ、FB側の用意したツールを皆が使った事により、結果として画一的なタイムラインが出現した。何故フランス国旗か?ということよりも、その時の動機が優先されたのだと思う。確かに、人々の何か行動したい欲求が高まるタイミングで、都合よくツールを提供したFBにうまく乗せられたと言える。同じ画像で連帯を示す事が目的でないなら、あるいは国旗だと波紋を呼ぶことを予測して、避けるべきだったかもしれない。

皆が同じ行動を取ることに気持ち悪さを感じる、という点については共感できる。でもそれはプロフ写真変更への批判についても今では類似した同調圧力に見える。結局、誰かの用意した素材(どこかで見聞きした識者の意見も含めて)を使えば似たようなタイムラインが並ぶことになる。

Facebookで記事を書くとき、少なくとも僕は「フレンド」たちに向けて投稿する。記事は常に限定公開で。そこは限られたコミュニティであって、あくまで個人の交流範囲だ。決して世界そのものではない。世界では色んな事が起きているけど、特別なことが無い限り僕は自分に近い順で物事を捉える。家族、友人、同僚、、、FBではフレンドとして繋がっている友人に心配する気持ちを伝える事の方が、今はたまたまFBで繋がっていない中東やアフリカの人々への気持ちより優先される。あくまでFacebook上での友人達とのコミュニケーションだから。もしシリアに住む友人が居たら、トリコロールにはせず他の方法を取るかもしれない。ただそれだけ。

※ちなみに、フランス国旗のプロフィール写真もちゃんと「限定公開」設定にできるので、外の人には見せなくて済む。意図的に「公開」することもできる。これも考え方次第。

似たような意見は既に書かれているので、[7][8]みたいな記事もリンクしときます。

[7] それでも僕が、Facebookのプロフをトリコロールにしたわけ (秋元 祥治)
[8] Facebookプロフィールに仏国旗をつけることに問題はあるか (小野昌弘)

どっちでもよくない?

「トリコロールを掲げない人はワンクリックすらしない」というつもりも無いし、「国旗を掲げるのは気持ち悪い」とか「自分は敢えて変えなかった」とか鬼の首を取ったように表明されるのも面倒くさい。それぞれが意図をいちいち説明せねばならぬなら、これくらいの文を書かざるを得なくなる。クリック2回だったからあの時に実行したのだ。

「SNSで批判されない立ち振る舞い」という意味では何もしないことが一番無難だけど、何かしたい時もある。LGBTの時は無関心だったし、アンケートや感動話のシェアも好きじゃない。でも今回は、あ、使ってみよう、と気まぐれで思った。それはその時誰かさんの顔が浮かんだからであり、フランス国旗の持つ歴史的意味やフランス政府の政策への理解ではない。国旗がこんなに多様な解釈を生むなら、単純に喪章にすれば良かったのにとは思う(パリだけ注目される事実は変わらないけど)。

SNSって、そんなもんでは、だめですかね、、、? プロフ写真、別のにした方がいいのかしら。

[2015.11.19] 続編を追加トリコロール問題その後

スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/11/17 16:08 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。