Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トリコロール問題その後

プロフィールの国旗問題は概ね意見が出そろった感じで、元に戻した人、そのままの人、元々変えていない人、それぞれ日常会話に戻りつつある。もうこの話題をFacebookで出すことは憚られる状態。みんな切り替えが早い。それとも頭の回転が速くて解決しちゃったのかもしれない。

しかし、僕にはまだ考える時間が必要。。。 [1] の続きをやろうと思う。前の記事はちょっと投げやりだし。
[1] Facebookのプロフィールをフランス国旗にすること

これを書いている間にも、プロフィール写真を変えることの愚かさを説いた文章が次々と show up している。「良いんじゃない?」的な意見はあまり増えない。なぜだろうか。

少なくとも「他の地域でも犠牲になっている人が沢山いるのに」という情緒的な意見については、「身近に思っている国で沢山の人が犠牲になったのに」という情緒的な意見と大差がないように思う。

復習

これだけ大勢が口をそろえて国旗に違和感を唱えることに傾いたのには、以下のような問題が提起され、思い当たる節があったからではないか。

[A] 国旗を示す事は、潜在的に多くの解釈を生む(地域・民族によって)。

[B] SNSの上で、限られた選択肢から自分の意見を発信することは思考を鈍らせる。行動が画一化する。

[C] 凄惨なテロがSNS上でイベント化すると、問題を矮小化してしまう [2] / 問題を解決しない、自己満足に過ぎない、偽善者だ。

[2] フランス国旗のフェイスブックはもうやめよう (ジョン・ジェイ, CNN.co.jp)

[A] について

  • パリのテロへの世界の反応に対して、他国・地域でテロや空爆の犠牲になった人々やその関係者が「なぜフランスだけ?」と思うことは自然だ。西側諸国と中近東諸国との間にはもともと確執があるうえ、軍事介入を受けている最中である。旗の色には敏感なのもしごく当然。この視点を広く伝えたのは、ジャーナリズムや国際問題に関わる人達による価値ある発信だと思った。
  • 一方で国旗を示す事が、その国民に対する親近感の他に、励ましや連帯を意味することも一般的に根付いていると思う。

  • ただ、前者に含まれる人々は後者を読み取る心の余裕など無いかもしれない。そういう人々がいる前では、慎重になるべきだろう。

[B] について

  • 言葉を使い、多様な意見をそのまま発すれば良いというのは尤もである。
  • アイコンを変更した(ほとんどの)人々は使える物で哀悼の意思表示をしただけで、少なくとも一部にあるような「空爆を支持する」や、その結果としての「中東での一般人の犠牲を許容する」わけではない。そのような議論は的を射ていない。

  • ↑正直、これは最も違和感を感じた意見で、これに賛同することは考え無しにアイコンを仏国旗に変えることと同様に思考停止しているのではないかと思った。日本国旗も空爆を支持しているので気をつけるのだろうか。

  • 簡単な方法は受け入れられ易く、結果的に画一的な意思表示が蔓延する。
  • 数多く流れてくるであろう個別のタイムラインを読むより、見つけやすいメッセージとも言える。ただし個性が無くなった。
  • SNSでの即時姓を優先する雰囲気が、簡単な方法での意思表示へと誘導している節はないだろうか。それは、思考の鈍化を危惧する意見に繋がると思われる。


[C] について

  • プロフィールを国旗に変えるか変えないかという事実と、問題について良く考えるかどうかに果たして相関性はあるのだろうか?
    とりあえず国旗プロフに変えたことで自己満足し、それ以上問題に近づかない事については良くある話だと思う。その人ができる事は、そこまでなのだ。その人は、プロフィールを国旗に変えなくても問題に深入りはしないだろう。逆方向については、この問題について比較的深く考えた人が国旗プロフィールに変えないという傾向は、もしかするとあるかもしれない。
  • だからといって、「プロフを国旗に変える人」が、「思慮深くない」人を系統的にふるい分けた集団にはならないだろう。「プロフを変えなかった人」の集団には、意図してプロフを国旗に変えない人と、それ以外の全ての理由(無関心、ログインしてない、方法が分からなかった、など)で変えていない人々が含まれる。同様に、意図を持って国旗プロフに変えた人と、ただ流されて変えた「思慮深くない人」の割合は、明らかにならない。
  • 「災害時ならまだ良い」という意見も良く発せられたが、 [B](思考鈍化)、[C](自己満足) という観点からは本質的に同じ行動だと思う。意思表示以外にあまり意味は無く、直接支援とはかけ離れている。戦場に比べれば特に[A](対立)のようなマイナス面が強調されないにすぎない。つまり、[A]があるかどうかで人々の反応が随分違うということになる。



SNSあるある?

…という具合に色々考えた結果、この問題はもっと単純な、テロとはあんまり関係無いSNSの”あるある”だったんじゃないかという方向に傾いている。 (つまり、既に問題は矮小化されているのだ。。。)

[B] [C] の問題は、これまでも、これからも外せない話題だと思う。何もテロに限った話では無く、同程度の思考鈍化が進んでいる気がするし、いつの時代も多くの人にとって自分から遠い問題へ積極的に関わる余裕はないのではなかろうか。もちろんそれで良いと言っているわではなく、自分のできる範囲の活動をすべきだと思う。このあたりは恐らく誰もが似たような環境(特に今すぐ出来ることは無い)にあったので、それほど全面に出して言っている人はいなかったように思う。

意外だったのは、[A] の視点を身から出た意見として発する人は、FBのフレンドの構成からしてほとんど考えられないにも関わらず、多くの批判は [A] に集中したこと。「パリの事件の直前に、テロの標的となったレバノン(あるいはロシア機の爆破も?)の人々がどう見ているか考えた方が良い」という感じ。僕の場合は限定公開で対外的には発していないからこの意見は当たらないのだが。。。

したがって、テロに対する反応としてどのような態度を取るかは自由だし国旗プロフは良識を欠く行動ではない、という僕の考えにそれほど変化はない。

でも現実は、別の理由で相手をもっと限定するべきだった。僕の場合は、特にフレンドの大半を占める日本人には見せる必要が全くなかった。欧州の人々に比べると自分を含めて日本国内に住む人は事件とほぼ無関係で、受け手側も相応に無関心だと勝手に判断したのだ。従って「人は人」とスルーするだろうと。その結果、僕の中で本件のやりとりの間、多くの人が不在扱いになってしまった。

これがかなり良く無かった。

[2015.11.26: 例えが下手なので取り消し線]
たとえるなら、心臓ペースメーカに影響が無いと分かっても尚、車内での通話が迷惑行為にあたるのと似ているかもしれない。何も起きていない関係のない場所で、関係無いはずの人による場違いな会話があちらこちらで大声で行われている、というシチュエーションに近いのではなかろうか。しかも同じフレーズを発している。。。「じゃあ、パターンAの電報でお願いします」みたいな。それ今ここでみんなでやるんかい的な。しかも既成品すか、といった具合の印象を与えたのかも。あるいは通勤帰りにテーマパーク最寄り駅から一斉に同じキャラクターの仮装をした人が乗ってきたとか。。。


デザインも良くなかった。プロフィールの一部に追加されるなら、まだくどく無かったかもしれない。しかし全面を国旗にしてしまい、受け手側も誰が誰だか分からなくなるし、なんだかなあ、となっていたかもしれない。

伝えたい人が誰で方法が適切なのかをキチンと意識するべきで、SNS特有の問題についても常に忘れないようにしたいと思った。今回のケースでは、プロフ写真の公開範囲が広い以上、個人メッセージに留める選択が適当だった。
スポンサーサイト

[タグ未指定]
[ 2015/11/19 15:11 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。