Roly-Poly Scarecrow

日記と趣味

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[タグ未指定]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エネルギー事情

ミャンマー:天然ガス田、中国に探査権譲渡 安保理拒否権、行使直後に「政治決定」
ミャンマーと言えば第二次世界大戦で日本軍が確保を目指した油田地帯でもある。

中国の台頭があらゆるところで目立ちます。特にエネルギー問題に関しては我が国にとっても深刻な結果をもたらしかねない状況。

ロシアなども黒海沿岸諸国への不当な値段での石油・ガスの販売を行おうとしたり、サハリン2の権益を自らで囲い込む動きを見せて、世界的な非難を浴びている。

関係者の話によれば、メタンハイドレートの資源化に関しては国内の大手ガス会社などが研究を進め、現在では収束に向かっているらしい。現状ではコスト面で圧倒的に不利なため開発はしないらしいが、今後数十年で化石燃料の埋蔵量が減少して値段が高騰することが予想される。そうなると開発にもメリットが生じるので資源化もあり得るとのこと。

日本の探査船「ちきゅう」を公開 ケニア沖で石油を掘削
さて、科学掘削のために建造された、海洋開発研究機構の「ちきゅう」(以前の記事参照)であるが、どうも石油掘削にも駆り出されているらしい。いかに日本が資源において切迫しているかが伺える。と思ったが…
確かにライザー掘削を採用して石油掘削船と同等以上の能力を持ったわけだから、可能と言えば可能だ。
公式には試験掘削の一環で、資源開発会社からの委託業務を行っているらしい。(参照
スポンサーサイト

[タグ] 海洋 ぼやき
[ 2007/01/17 14:05 ] 戯れ言 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
プロフィール

rpscrw

Author:rpscrw
関東在住
Triple Triangle 党

管理人の属性
お気に入りリンク集

愛車達
'05 Zaskar Team
'03 Avalanche 2.0

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ
にほんブログ村

にほんブログ村 自転車ブログ MTBへ
にほんブログ村


ジオターゲティング
月別アーカイブ
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。